☆熱中症☆

 いやぁぁぁー毎日暑いですね(^_^;)
 体温を超える勢いの気温。
 日差しがジリジリ痛いくらいですね。ふ~っ(´д`;)。
 最近では毎日のように新聞やニュースで「熱中症」の文字を見かけますね。
 そこでご存じの方も多いと思いますが、
 今日のテーマは熱中症の種類と予防方法についてです!!
 「熱中症」とは暑い環境で発生する障害の総称で、次のような種類があります。
 (※但し、熱中症の分類は、医学的にも混迷している部分あり)
 ・熱失神
 ・熱疲労
 ・熱痙攣
 ・熱射病
 それぞれ症状は以下の通りです。
 ○熱失神 
 →暑さにより皮膚血管が拡張し血圧が下がり、脳血流量が減少、めまい、失神を起こす。
 
 ○熱痙攣 
 →四肢、体幹部の筋肉に痛みをともなった痙攣がおこる。
 発汗時、水分のみの補給を行うことにより、血液の塩分濃度が低下しておこる症状と考えられる。
 ○熱疲労 
 →熱射病の前段階。
 脱水により、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられる。
 
 ○熱射病 
 →熱中症の中でも最も重症の状態。
 40℃以上の高体温となり体全体に障害をきたした状態。
 症状としては汗がみられず皮膚が乾燥、頭痛、吐き気、嘔吐、痙攣、ショック症状、意識障害、ひどくな れば多蔵器不全を起こし、命にかかわる。
 ☆熱中症の予防法☆
 ・水分補給!! 
→これが一番大切です。
 汗は体から熱を奪い、体温が上昇しすぎるのを防いでくれます。しかし、失われた水分を補わないと脱 水になり、体温調節能力や運動能力が低下します。暑いときにはこまめに水分を補給しましょう。
 また、汗からは水と同時に塩分も失われますので、水分の補給には0.1~0.2{te}程度の食塩と5%程度  の糖分を含んだものが適当です。
 ※豆知識パート1
 →市販の飲料を選ぶ時、成分表示を見ていますか?
 0.1~0.2%の塩分とは、ナトリウムの量40~80㌘(100ml中)が目安です!!
 ・服装に注意!!
 吸湿性や通気性のよい素材で、色合いも熱を吸収しないもの(白系統の色)にすると良いでしょう。
 直射日光は帽子で防ぎましょう。
 ※豆知識パート2
 →首をガード!!
 後頭部の下の首を濡らしたタオルなどを巻くのも大きな予防法のひとつ
 首には太い血管が通っているためそこに太陽を浴びると温度が上がり頭がボーっとして、熱痙攣や熱  失神の原因になります!!
 まだまだ猛暑が続きそうですね。
 熱中症は、梅雨明け直後に多くみられます。具合が悪い悪くなった場合は早めに運動を中止してくださ い。みなさん熱中症に気を付けて楽しい夏を送りましょう!!
 暑すぎてたまらないみなさん!!8月20日哲学堂公園、古建築物(宇宙館)で「幽霊・妖怪ばなし」の イベントを開催します!!ミステリースポットとして有名な哲学堂公園でゾクゾク体験してみませんかヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノまだまだ受付間に合いますよ!!是非お待ちしております!!
 ↓↓興味のある方はクリック↓↓(≧∀≦*)
http://www.tetsugakudo.jp/a06.htm