哲学堂公園の古建築物

古建築物

四聖堂【明治37年4月建立】

四聖堂

[木造平屋建・方形・桟瓦葺・一重]

本堂に東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの「四聖」を世界的四哲人として祀るために建立されました。
哲学の将来的発展を祈念し哲学祭を開催した圓了の意図が具現化された建物です。三間四面の小堂で四面とも正面。中央には哲学の起点、基礎となる二つの象徴として、心即ち精神は円形で光るものとして電球、物即ち物質は心を汚すものとして香炉がおかれています。これは、心が物欲で汚されても修養を積めば清浄な心は失われないことを表していて、内部、天井中央に装飾額があり、釈迦涅槃像(和田嘉平作)が堂内に安置してあります。堂内に南無絶対無限尊と刻んだ石柱、唱念塔(しょうねんとう)をおいています。四聖の像(橋本雅邦画)「孔釈瑣韓」の四字額(副島種臣書)があり11月の哲学堂祭に掲額されます。

六賢台【明治42年11月建立】

六賢台

[木造六角塔・外観2層・内部3層・相輪・一重・二重・桟瓦葺・外部板張] 
ここに東洋的哲学人として、日本の聖徳太子・菅原道真、中国の荘子・朱子、印度の龍樹・迦毘羅仙の六人を「六賢」として祀ってあります。赤色塗り、六角形の周囲六間の建物で、四聖堂の西に建っています。六賢の肖像を各面に扁額として掛け、名称を鋳刻してありましたが現在は見ることはできません。屋根の上に相輪と九つの法輪(九輪)があり、最上部に宝珠を付け屋根の棟瓦の一端に天狗がついています。

無尽蔵【推定明治42年~45年頃建立】

無尽蔵

[二階建・瓦葺寄棟]無尽蔵は陳列所で、井上円了博士が国内各地を周遊された時の記念品など、種々雑多な物が陳列されていました。二階建てで一階は[万象庫]、二階は[向上樓]と名付けられています。

宇宙館【大正2年10月建立】

宇宙館

[木造平屋建・方形・桟瓦葺・二重・出隅に切妻ポーチ] 
哲理門を抜けた左手にあり、建物脇に幽霊梅(ゆうれいばい)があります。哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづき、さらに圓了の考案で内部横斜めに皇国殿という八畳敷の一室を哲学の講習の講義室として設けられました。聖徳太子立像(和田嘉平作)が堂内に安置され屋根上部の棟部分に烏帽子がついています。

絶対城【大正4年10月建立】

絶対城

[木造二階建・寄棟(腰折屋根)越屋根付・桟瓦葺一部鉄板葺・二重・外壁鉄板張・玄関陸屋根平屋・鉄板葺]
万巻の書を哲学界の万象とみたて、それを読み尽くせば「絶対の妙境」に到達するという寓意から図書館を絶対城と名づけました。圓了の蔵書を中心とした図書館で、内部右側に国書・漢書を左側に仏書を収蔵していましたが、図書館本来の目的は果たさず今日に至っています。階上は観念脚と呼ばれる部分で、現在はとりこわされている屋上には観望台を置いていました。
※現在は図書館ではありません。

その他

哲理門 三学亭 常識門 髑髏庵・鬼神窟※ 演繹観 四阿
※髑髏庵・鬼神窟は、霊明閣(集会場)として、利用されています。

古建築物公開について

上記の古建築物を、春期・秋期・月例公開しています。

■公開する古建築物:四聖堂・六賢台・無尽蔵・宇宙館・絶対城
※四聖堂・絶対城は建物保全のためご入場になれません。

                
春期公開 4月29日~ 5月5日 9:00 ~ 17:00
秋期公開 10月1日~ 10月30日土日祝日のみ 9:30 ~ 16:00
月例公開 毎月第1日曜(変更の場合あり) 時間は月により異なります

※詳しくは、哲学堂公園事務所までお問い合わせください。
  中野区松が丘1-34-28 電話 03-3951-2515