哲学堂公園

哲学堂公園の概要・沿革

哲学堂公園

区指定文化財建物群 東洋大学創始者井上円了デザインの公園

哲学堂公園は、明治37年に哲学者で東洋大学の創立者、故・井上円了博士によって精神修養の場として創設された、哲学世界を視覚的に表現し、哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園です。
昭和50年に中野区立公園となってからも、古建築物の修復、整備を重ね、また中野区内でも有数の花の名所として親しまれる公園となっています。広大な敷地内には野球場・庭球場・弓道場もあります。

歴史

昔、哲学堂公園の地は、源頼朝の重臣である和田義盛の城址でありました。

名前の由来

哲学者であり、東洋大学の創設者でもある故・井上円了博士が、明治37年小石川原町(文京区白山)に開設された哲学館大学(現・東洋大学)を記念して「四聖堂」を建設しました。
「四聖堂」は、孔子・釈迦・カント・ソクラテスを祀り、「哲学堂」とも称しました。これが哲学堂の名前の起こりです。

公園の沿革

明治32年 井上圓了博士 土地購入
明治37年 「四聖堂」建設
明治39年 「精神修養公園」とする
明治42~45年 哲理門、六賢臺、三學亭、常識門、髑髏庵、無盡藏建設
大正2~4年 宇宙館、絶對城、鬼神窟建設
昭和19年 東京都に寄付
昭和21年 都立公園として開園
昭和22年 都は運動施設部分を追加開園
昭和50年 都は東洋大学から残地を買収
昭和50年 都から中野区に移管「中野区立哲学堂公園」となる
昭和59年 古建築物6棟(哲理門、四聖堂、六賢臺、三學亭、宇宙館、絶對城)を中野区有形文化財に指定
昭和60~63年 文化財6棟の修復工事を実施
昭和63年 前記6棟以外の古建築物6棟と公園自体(時空岡、唯心庭、唯物園の区域)を中野区有形文化財に指定
昭和63~平成4年 哲学堂公園ルネッサンス構想を策定し、公園全体を再整備し、消失していたものを復元
平成21年 東京都名勝公園に指定されました

有形文化財

哲学堂公園は、中野区有形文化財に指定されています。

古建築物12棟
昭和59年
昭和63年
古建築物6棟(哲理門・四聖堂・宇宙館・絶対城・六賢台・三学亭)
古建築物6棟(常識門・髑髏庵・鬼神窟・無尽蔵・演繹観・四阿)と園内(運動施設除く)

哲学堂公園マップ

哲学堂公園の古建築物

古建築物

四聖堂【明治37年4月建立】

四聖堂

[木造平屋建・方形・桟瓦葺・一重]
本堂に東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの「四聖」を世界的四哲人として祀るために建立されました。
哲学の将来的発展を祈念し哲学祭を開催した圓了の意図が具現化された建物です。三間四面の小堂で四面とも正面。
中央には哲学の起点、基礎となる二つの象徴として、心即ち精神は円形で光るものとして電球、物即ち物質は心を汚すものとして香炉がおかれています。
これは、心が物欲で汚されても修養を積めば清浄な心は失われないことを表していて、内部、天井中央に装飾額があり、釈迦涅槃像(和田嘉平作)が堂内に安置してあります。
堂内に南無絶対無限尊と刻んだ石柱、唱念塔(しょうねんとう)をおいています。四聖の像(橋本雅邦画)「孔釈瑣韓」の四字額(副島種臣書)があり11月の哲学堂祭に掲額されます。

六賢台【明治42年11月建立】

六賢台
[木造六角塔・外観2層・内部3層・相輪・一重・二重・桟瓦葺・外部板張]
ここに東洋的哲学人として、日本の聖徳太子・菅原道真、中国の荘子・朱子、印度の龍樹・迦毘羅仙の六人を「六賢」として祀ってあります。
赤色塗り、六角形の周囲六間の建物で、四聖堂の西に建っています。
六賢の肖像を各面に扁額として掛け、名称を鋳刻してありましたが現在は見ることはできません。
屋根の上に相輪と九つの法輪(九輪)があり、最上部に宝珠を付け屋根の棟瓦の一端に天狗がついています。

無尽蔵【推定明治42年~45年頃建立】

無尽蔵

 

[二階建・瓦葺寄棟]無尽蔵は陳列所で、井上円了博士が国内各地を周遊された時の記念品など、種々雑多な物が陳列されていました。二階建てで一階は[万象庫]、二階は[向上樓]と名付けられています。

宇宙館【大正2年10月建立】

宇宙館
[木造平屋建・方形・桟瓦葺・二重・出隅に切妻ポーチ]
哲理門を抜けた左手にあり、建物脇に幽霊梅(ゆうれいばい)があります。哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづき、さらに圓了の考案で内部横斜めに皇国殿という八畳敷の一室を哲学の講習の講義室として設けられました。
聖徳太子立像(和田嘉平作)が堂内に安置され屋根上部の棟部分に烏帽子がついています。

絶対城【大正4年10月建立】

絶対城
[木造二階建・寄棟(腰折屋根)越屋根付・桟瓦葺一部鉄板葺・二重・外壁鉄板張・玄関陸屋根平屋・鉄板葺]
万巻の書を哲学界の万象とみたて、それを読み尽くせば「絶対の妙境」に到達するという寓意から図書館を絶対城と名づけました。
圓了の蔵書を中心とした図書館で、内部右側に国書・漢書を左側に仏書を収蔵していましたが、図書館本来の目的は果たさず今日に至っています。階上は観念脚と呼ばれる部分で、現在はとりこわされている屋上には観望台を置いていました。
※現在は図書館ではありません。

その他

哲理門 三学亭 常識門 髑髏庵・鬼神窟※ 演繹観 四阿
※髑髏庵・鬼神窟は、霊明閣(集会場)として、利用されています。

古建築物公開について

上記の古建築物を、春期・秋期・月例公開しています。
■公開する古建築物:四聖堂・六賢台・無尽蔵・宇宙館・絶対城
※四聖堂・絶対城は建物保全のためご入場になれません。

春期公開 4月29日~ 5月5日 9:00 ~ 17:00
秋期公開 10月1日~ 10月30日土日祝日のみ 9:30 ~ 16:00
月例公開 毎月第1日曜(変更の場合あり) 時間は月により異なります

※詳しくは、哲学堂公園事務所までお問い合わせください。
中野区松が丘1-34-28 電話 03-3951-2515

哲学の庭

※梅林区域の哲学の庭周辺での撮影は禁止です。なお、出版及び放送等を目的とする撮影の場合は、事前連絡をし、許可を受けることが必要となります。

哲学の庭

「哲学の庭」は宗教・哲学・法を代表する人がそれぞれ同心円上に配置されており、世界の異なった場所の人々が、より相手に近づくことが出来るようになるためには、プラス・マイナス(±1)の原点に返ることが必要という作者の考えが反映されています。
また作品には民族や歴史、文化などは違っても西洋と東洋をつなぎ、人間社会の本質を考察し、人類の恒久平和の理想を追求した作者ワグナー・ナンドール(和久奈 南都留)の思いが込められています。
この彫像群は平成21年(2009年)、日本とハンガリー外交関係 開設140年・国交回復50周年の記念事業の一環として中野区に寄贈されたものです。同様のものがハンガリーの首都ブダペストにも設置されています。

第一の輪

第一の輪第一の輪・・・中心点に集まる完全な輪で、異なった文化を象徴する、思想を作り世界の大きな宗教の祖となった人物たちが配置されています。

・老子(ろうし 道家の祖)
・キリスト(イエス・キリスト キリスト教の基礎を築いた)
・釈迦(しゃか 仏教の開祖)
・アブラハム(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を信じる、いわゆる聖典の民の始祖)
・エクナトン(エジプト第18王朝第10代の王アメンホテプ4世の別名 アモン信仰を捨てアトン崇拝を開始した)

第二の輪

第二の輪第二の輪・・・文化や時代が違っても、同じように悟りの境地に達してそれぞれの社会で実践し成果を得た人物たちが配置されています。

・達磨大師(だるまたいし 禅宗の開祖とされている人物。中国で活躍した仏教の僧侶)
・聖フランシス(フランシスコ修道会の創設者。カトリック修道士です)
・ガンジー(インド独立の父。弁護士、宗教家、政治指導者)

第三の輪

第三の輪第三の輪・・・法の輪で、異なった時代において各々が法をつくり、現存する法律の主流をつくった人物達が配置されています。

・聖徳太子(冠位十二階などの他・憲法十七条を制定し、仏教の興隆に力を尽くしました)
・ユスチニアヌス(ローマ法大全を編纂し、ローマ法の集大成を図りました)
・ハムラビ(バビロン第一王朝第六代の王。慣習法を成文化した「ハムラビ法典」を制定しました)

作者ワグナー・ナンドール

ワグナー・ナンドール(Wagner Nandor)は、ハンガリー出身の彫刻家です。 歴史の流れに巻き込まれたワグナー・ナンドールは、ハンガリー、スエーデン、日本にと移り住みました。 1969年に来日し、栃木県益子町にアトリエを建てました。
生涯に亘って研究した「分析的美術史」の成果から見出した理論に基づいて、人々の幸せへの道 (TAO) を開く鍵を確かに次の世代に手渡す事を願いました。
そのメッセージを彫刻で表現したのが「哲学の庭」です。 常にその国の真の利益と自分の周りの人々の幸せの為に全エネルギーを投じて仕事に没頭し、1997年11月永眠致しました。

ご鑑賞時のおねがい

哲学の庭付近での撮影は禁止しています。また、周囲の芝生部も作品景観の一部となっていますので、芝生上での休憩などでの利用はご遠慮下さい。

哲学堂公園 季節情報

秋の哲学堂

紅葉
哲学堂公園では(11月~12月頃)紅葉が楽しめます。もみじや銀杏や落ち葉が色とりどり。いつもとは違う哲学堂を満喫することができます。

哲学堂の梅林

梅園
哲学堂公園と川を隔てた梅林では、桃の花や梅がとてもきれいに咲きます。(1月~2月頃)

哲学堂の春

季節の花

(3月下旬から4月中頃)桜が見頃を迎えます。園内に桜は約100本あり園内のあらゆる場所から桜を楽しむ事ができます。
この時期はお花見や観光

集会場(鬼神窟)

霊明閣(集会場)

集会場(鬼神窟)概要

集会場(鬼神窟)

形態 広さ 収容人数
1階 和室 8畳・4畳半 17名程度
2階 和室 6畳 8名程度

使用できる日時

1月4日から12月28日まで(年末年始は休園)

午前の利用 9:00~12:00
午後の利用 13:00~16:00
全日の利用 9:00~16:00

使用料

[午前・午後の使用の場合、半日になります]

半日 全日
1階 480円 960円
2階 220円 440円
全部(1・2階) 700円 1,400円

申し込み方法

使用できるのは、3名以上のグループや団体に限られています。
申し込みは、使用する日の1ヵ月前の月の1日から、哲学堂公園事務所窓口で受け付けます。
(例:3月15日に使用する場合は、2月1日から受け付け)
ただし、2月の使用については、1月4日から受け付けます。
受け付け時間は、9:00~17:00です。
申込みの際に身分証明書の提示が必要です。

禁止および注意事項

  1. 物販など営利目的の行為は禁止します。
  2. 写真やVTRの撮影は禁止します。
  3. 火器の使用は禁止します。
  4. 食事、飲酒は禁止します。
  5. 建物は、中野区有形文化財に指定されています。傷をつけたりしないよう、大切に使用してください。
  6. 他の使用者、来園者の迷惑にならないように利用してください。

アクセスマップ

哲学堂公園マップ

アクセス

所在地 〒165-0024
東京都中野区松が丘1-34-28
電 話 TEL/03-3951-2515  FAX/03-3951-2280
交 通 ・西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩12分
・都営大江戸線「落合南長崎駅」から徒歩13分
駐車場 ・平日のみ12台まで駐車可。
※満車の場合は近隣駐車場をご利用下さい。
・土日祝休日は駐車場はご利用できません。
なお、障害をお持ちの方については、障害者手帳をご提示いただければ駐車可能です。
駐車される場合は、事前に管理事務所にご連絡いただくか、
駐車場整理員へ障害者手帳のご提示をお願いします。

休園日

年末(12/29~12/31)

開園時間

期間 3/1~9/30 10/1~11/30 12/1~2/末
開園時間 8:00~18:00 8:00~17:00 9:00~17:00